みたぬメモ

地味にメモ

君も体重計と向き合うときが来たんだ。

はじめに

春に健康診断をしてから3kgほど太った(※1)。何度でも言う。重くなったのではない、太ったのだ。3kgとはうちの猫ぐらいの重さであるし(もしかしたら猫の方がもうちょっと軽いかもしれない)、もっと言えば3kgとは新生児ほどの重さである。だがあいにく猫を背負っているわけでもないし、ましてや臨月というわけでもない。紛れもなくヤツさ。脂肪。

 

ふりかえり

時を遡ること3年前……その頃はわりとシュっとした体型で、それなりに運動を嗜み、たまの贅沢として月1~2程度に友人と行く食事を楽しみ、Twitterでは悪いヲタクに見つかっていない、1イイネが来るのが3ツイートに1回といった、とてもまともで平和な時代を過ごしていました。

しかしこの頃に一度ひどいストレスをやらかして9日間ほど寝込み、全く飲食できなかった事態が起きました。混濁する意識……止まらない目眩……立ち上がることがままならない身体……そして生涯で初めて、浮き出たアバラを見て「あ、これ本当に死にかけているやつや」と気づき、「ここで死ぬぐらいならいろいろな人やもっと楽しいことに出会って、自分の思っていることを主張して、やりたいことをもう少しやっていけばよかった」と、薄れゆく意識の中で思いました。

そして復活してから「いつ死ぬかわからないから、後悔しないように生きていきたい」という原動力を得ることになります。この気持ち自体はとても素晴らしいのかもしれませんが、美味しいものをたくさんの人と楽しみ、結果としてぷくぷくと太り始めました。

我が家系はストレスを溜めると過食に走る傾向がある気がします。

 

反省のターン

この3年間の日々を全否定する気はありませんが、それはそれとして、増えた体重と向き合わないといけません。

私は日々の体重・食事・移動距離といったもののログを取っています。それらのデータを眺めていると、野菜の摂取量が少なくなったときはやはり極端に代謝が落ち込んでいる気がしてきました。一時期摂取していたヘパリーゼ(錠剤タイプ)のせいかなとも思いましたが、別に関係がなかったことも示されました。完全に怠惰によるものです。外的要因のせいにしようとした自分を恥じたいと思います。

幸いにしてたくさんの方達から「がんばって!」と具体的に励ましをいただくので、今度こそ自分を律して過ごせるのではないかなと思います。というかやっていきたい。

 

あと痩身マッサージとか効くのかどうか気になるんですが、実際どうなのでしょう。いろいろな人の体験談を聞いてみたさがあります。

 

※1...まあ誤差はあるかもしれない